とぶ玩具/竹とんぼ

竹とんぼイメージ

昔から伝えられている手作りおもちゃの代表といえば、竹とんぼ。
空を自由に、のんびりと舞う姿はいつの時代でも人気ものです。

材料:わり竹

道具:小刀・竹びきのこぎり・きり

あそび方

心棒を両手のひらにはさみ、ぐるぐると思いきりひねり、はなす。
はねは空高く舞い上がる。

つくり方

(1)わり竹をてきとうな長さに切り、小刀で均等なはばにそろえる。(2)ものさしではかって竹の中央にあたるところに印をつけ、竹の皮の方からきりで穴をあける。(3)わり竹の両はしから、小刀でななめにわりとる。竹とんぼの形をつくり、ていねいにけずってはねを仕上げる。(4)別のわり竹を太さ3mmぐらいに丸くけずって、ひごを作る。ひごの長さは、はねの長さより1cm以上長い方が良い。(5)ひごをはねの上面から穴にさし込んで押し、しっかりとはねに固定する。

発展

いろいろな竹とんぼを作ってみよう。材料も竹だけではなく、板、ブリキ板など使っておもしろいものが作れる。
きれいに色をぬって、下から見上げたとき美しく見える竹とんぼを作ろう。 ひごの長さを変えて飛び方を研究する。

上へ戻る