昔あそびの普及と継承のために

昔あそびへの関心の拡大イメージ

家庭や学校、サークル活動での取り組み

 昔あそびの普及のためには、子供たちが体験できる機会を増やさなければなりません。 学校や幼稚園、保育所での指導は勿論として、子供関連のサークルや団体の活動の中で、折に触れ昔あそびを活動の中に取れ入れてゆくことが期待されています。地域の団体や老人会の催事としての取組み、また家庭においても親子の遊び、兄弟の遊びの中にも、昔あそびを取り入れる機会を作ることも大事な要素です。

昔あそびの指導者づくり

 昔あそびの普及と継承のためには昔あそびに精通した指導者がもっと多く生まれてくることも大事な要件です。昔あそびの遊び方を教えるだけでなく。その遊びの由来など関連情報をきちんと説明できる指導者が増えれば、昔あそびへの興味を持つ人を更に拡大させてゆけます。
 昔あそびを体験してきた高齢者のライフワークとしても、また若い人たちの地域貢献活動の一つのジャンルになり得ます。
指導者が増えれば、自治体の文化や体育施設における昔あそび関連の催事や、教育機関やサークルでの取り組みの拡大が期待されます。